STAFF BLOG

スタッフブログ


  • 小池 麻由

    SPFとPAとは?


    梅雨入りしてから、天気が不安定な日が続きますね(‘Д’)

     

    実は今の時期、天気に関係なく紫外線量が増加してきます。

     

    薄曇りでも、紫外線の80%以上は地上に通過してくるといわれています。

     

    晴れていないからと言って、紫外線対策をしていないと見えないところで、

    シミの原因であるメラニンが蓄積されていくことに・・・(( ゚Д゚))オソロシ-

    そうなる前に、まいにち紫外線対策をしていきましょう!

     

    そんな対策アイテムの中でもよく見る、日焼け止めの『SPFと『PA』について、今日はご紹介します!

     


    SPF

    主に、UV-Bの防止効果を表す数値です。

    赤くなってヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間を

    何倍に伸ばせるかの目安です。

    (ex:25分×SPF24=600分=10時間)

    (↑この、25分は日本人の普通肌の人が真夏に、赤くなって日焼けを起こす

    平均時間らしいです。)

    なので、普通肌の人がSPF-24のUVケア化粧品を使う場合、塗らなかったときの

    約24倍の時間を日焼け予防するという目安になります。

     

    PA

    主に。UV-Aの防止効果を表した数値です。

    UV-A照射後、2~24時間に生じる皮膚の即時黒化を指標にしたものです。

     

    ☀PA+    ・・・効果がある

    ☀PA++   ・・・かなり効果がある

    ☀PA+++  ・・・非常に効果がある

    ☀PA++++ ・・・極めて高い効果

    ☝「+」の数が多ければ多いほど、肌が黒く焼けるのを防ぐ力が強いのです!

     


    意外に、知ってたようで知らなかったことではないでしょうか?

    日常生活で使う場合は、(SPF20 PA+~++)ぐらいがちょうど良いと思います!

     

    ぜひ、今年の日焼け止めを買う時、少しでも参考になれば嬉しいです(^^♪

     

    ちなみに、頭皮も日焼けしてしまうと髪質が変わったり、乾燥してかゆみが出たりしてしまうので、頭皮のUVケアもぜひ!!

     

    効果的なのは、日傘や帽子を被って紫外線に直接当たらないようにすること!

     

    それから当店では、頭皮や髪の、UVケアの商品をたくさん扱っていますので、気になった方はぜひ、スタッフに聞いてみてください🌻☀

予約